トップページ > 「古都華」を味わう時間

「古都華」を味わう時間

古都・奈良を飾る新しい「華」になってほしい、そんな想いから名づけられたいちごが、
2011年に品種登録された「古都華」です。
古都華は、まだまだ新人の名産品。
「このおいしさを知ってもらいたい!」と、生産者さんやシェフたちが、日々、情熱を燃やしています。
つやつやと赤く輝くひと粒を口に運べば、
その味の甘さや濃さ、みずみずしい果汁、甘酸っぱい香りに、すぐ次のひと粒を求めてしまう…
古都華は、食べると、驚きとともに、笑顔と口いっぱいの幸せをくれる、実は魔法のフルーツなのです。

古都に咲く新しい華

奈良の新しいいちご、そのはじまりの場所から、伝統ある奈良のホテルで味わうまで。

古都華が楽しめるお店

ショートケーキやパンケーキなどのスイーツ、スムージーまで、多彩なラインナップでご紹介。
※古都華の収穫時期は、12月中旬~5月中旬。
 入荷状況により、提供できない場合があります。

希少品種・古都華

品種登録をしたのは2011年ですが、新しい奈良のブランドいちごをつくるため、初めて古都華の基となる種をまいたのは、1992年のこと。
毎年約3,000株の新品種候補を育て、いいものだけ残すことを繰り返すこと数年、古都華が残り続けたのは、シンプルに「おいしい」からでした。
古都華の歴史は、まだ始まったばかりです。いずれ、「いちごと言えば古都華」となる未来もあるかもしれません。


奈良県農業研究開発センター
西本登志さん

味わいも粒の美しさも、納得の自信作

甘さと酸味の絶妙なバランス

平均糖度12~13度と、一般的ないちごより甘い古都華。やさしい酸味もあり、より甘さが際立っています。
さらに、その味わいをさらにパワーアップさせているのが、味の濃さです。どこを食べても水っぽさのない、濃厚果汁が楽しめます。

つやつやに光輝く、濃赤の宝石

果皮は濃いルビー色。全体的にツヤがあり、宝石のように美しい表情を見せてくれます。実は大粒で固く、しっかりした歯ごたえが特徴です。
一番おいしいのは、やはり摘みたて。ぜひ一度は農家さんの直売所を訪れて、どこよりもフレッシュな古都華を味わってみてください。

古都華の作り手

萩原いちご農園

奈良市内随一の規模で古都華の生産に取り組んでいます。直売もしているので、摘みたての古都華を味わいたい方は、ぜひお問合せください。
奈良市横井6-596
TEL:0742-81-8715

写真:萩原いちご農園

  • facebook
  • twitter
  • LINE

Pagetop

Copyright (C) NARA JIKAN. All Rights Reserved.