トップページ > 「日本酒」を味わう時間

「日本酒」を味わう時間

2013年、和食が無形文化遺産に登録されて以降、和食と併せて世界的に注目が高まってきている「日本酒」。
国酒として古くから神に供えられ、祝いや喜びの席では欠かせなかった、まさに神聖な日本の文化とも
いえるもの。
実は、この日本清酒の発祥の地といわれているのが奈良なのです。
古都・奈良には多くの大寺院が集中し、荘園でつくられた米で「僧坊酒」なるものが造られていました。
これこそが、現在の卓越した酒製造技術へと繋がる第一歩だったのです。
米の旨みを生かした上品な味わいの清酒のルーツに想いをはせながら、旨し奈良酒を飲んでみませんか。

人々が紡ぐ「現代の南都諸白」

個性豊かな日本酒へと花開いた奈良酒。情緒あふれるならまちでの奈良酒の愉しみ方。

日本酒が楽しめるお店

奈良には、奈良酒の造りを受け継ぐ酒蔵があり、
それらの酒を気軽に味わえる店もたくさん。
食と日本酒の相性を楽しんだり、
カクテルとして堪能したり、
スイーツなどの意外なアレンジまで、
奈良の地酒を多彩に味わえます。

奇跡の日本酒

「清酒発祥の地」として、約600年前に近代醸造の基本となる酒造技術醸造技術を確立した正暦寺。現在日本の寺院で酒母(酛)の製造免許を持ち、許可されているのは、この正暦寺ただ一寺です。その酒母は「菩提酛(ぼだいもと)」と呼ばれ、一度は長い歴史の中で作られなくなってしまいました。
かつて高級酒の代名詞として使われた「奈良酒」。歴史とともに作られなくなった、600年前の酒母「菩提酛(ぼだいもと)」。この「菩提酛」を奇跡的に復活させた物語が、奈良にはあります。
この奈良の日本酒にまつわる数々の物語を伝え、国内はもとより海外の方の心をも動かし、多くの方に味わい、楽しんでいただく。それが「奈良の日本酒」の目指す姿です。


正暦寺 住職 大原弘信さん

奈良の日本酒の特徴

水
春日原生林、吉野・生駒山系の伏流水等の清らかな水を使用
米
大和平野、高原の上質米を使用し、飲みやすく、
さわやかなすっきりとした味わいに。
酵母
それぞれの蔵がこだわりの酵母を使用。また、正暦寺の菩提酛を使った酒が現存

奈良酒の伝統を受け継ぐ酒蔵

今西清兵衛商店

明治17年創業以来、奈良酒の根源「南都諸白」の伝統を現在に伝えるべく酒造りを貫いています。春日大社とその神獣である鹿が由来の酒銘「春鹿」は、今や世界十数カ国で愛飲されるほどに。
奈良市福智院町24-1
TEL:0742-23-2255
http://www.harushika.com/

写真:今西清兵衛商店

八木酒造

奈良公園の南西、春日山原始林山麓の名水地「清水町」で、江戸時代以前創業とされる酒蔵を明治10年に継承。恵まれた自然環境を生かし、品質重視で濃厚旨口なお酒を造っています。
奈良市高畑町915
TEL:0742-26-2300
http://homepage2.nifty.com/sho-hei/

写真:八木酒造

奈良豊澤酒造

昭和40年代、普通酒が全盛の頃にいち早く高品質な純米酒造りに力を入れ、今なお手造りに徹した酒造りを続ける蔵。卓越した杜氏のもと、麹や酵母造りにこだわりキレイで飲み飽きしない酒を醸しています。
奈良市今市町405
TEL:0742-61-7636
http://www.nara-toyosawa.jp/

写真:奈良豊澤酒造

西田酒造

蔵のある都祁村は、奈良県で一番の寒冷地で、おいしい米が栽培される地。原料に恵まれたこともあり、昔の奈良酒=諸白を冠した商標「両白(もろはく)」は、淡麗でスッキリ、飲み飽きしない味わいに。
奈良市都祁友田町188
TEL:0743-82-0010
http://www.morohaku.net/

写真:西田酒造

倉本酒造

風光明媚な大和の風情を感じさせる地で、明治5年創業。仕込水には裏山に湧く井戸水を使い、純米酒に至っては、自家栽培の好適米を使用。「金嶽」をはじめ、昔ながらの手造りで醸す酒はどれも味わい深い。
奈良市都祁吐山町2501
TEL:0743-82-0008

写真:倉本酒造

  • facebook
  • twitter
  • LINE

Pagetop

Copyright (C) NARA JIKAN. All Rights Reserved.